ルイ・ヴィトンと播州織

  • 2012/06/05(火) 09:08:47

フランスの有名ブランド、「ルイヴィトン」の商品の生地を担当しているSilvie Meron氏をはじめ、西オーストラリア州のファッション関係者が昨日6/4〜6/6までの3日間の予定で、兵庫県の伝統織物「播州織」の工場見学のため来日されましたね。

訪れたのは兵庫県西脇市にある「播州織」で、今回は『生地がどのように作られるのか』直接見ようということで、色を染める作業や織り込む様子を見て回ったそうです。

「播州織」は以前からヨーロッパやアメリカをはじめ中東などにも輸出され、主にシャツなどに使われていたのですが、ここ数年は中国の安価なものが台頭し、日本の「播州織」工場は減少しています。

私の知人に、京都で「西陣織」の職人をしていたご老人がいるのですが、その方の話によると「西陣織」そのものの需要が減少する中で京都府が"西陣織工業組合"に助成していた助成金も減らされ、やむなく廃業したとのことでした。

お寺や寺院などは重要文化財ということで保護・保存されるのですから、こういった日本の伝統工芸を守るという重要性をもっと考えなければならないと思います。

そういった意味でも、今回の「播州織」の例のように「日本の伝統や技術」が世界のトップブランドにもっと評価され、上手くマッチングしていくことで、「日本の伝統や技術」が逆に日本の若者の"誇り"となって欲しいと思います。

日本には多くの製造業があり、その全ての業界には「日本の素晴らしい技術」が受け継がれてきました。
この「日本の素晴らしい技術」を絶やさないためにも、事業や技術を承継する若い人材を育てていかなくてはなりません。

そのためには、やはり需要の拡大、販路の維持・拡大がテーマとなる訳ですが、今回の「播州織」のように販路を海外に見出すのも1つでしょうし、国内に於いても"予想もしなかった新しい需要〜販路"が必ずあると思います。

企業マッチング・ツール 『グッドマッチング』を発表

  • 2012/05/31(木) 09:26:21

■グッドマッチング■

この度、弊社ではFacebookを活用したビジネスマッチング・サイト『グッドマッチング』を公開いたしました。

各企業様は管理運営する自社のFacebookページを集約したポータルサイトとして、検索機能はもちろん各種業界別にカテゴリ分類し紹介させて頂いておりますので、一般Facebookユーザーに向けて自社・自店のFacebookページへの訪問を促すことが可能となっております。

また、掲載企業様同士の横の繋がりとして、"掲載企業間交流ページ"も設置しておりますので、企業様間での情報交換、業務・技術提携、販路の拡大、新規取引先開発など"新しいビジネスツール"として有意義な活用をしていただけます。

ユーザー数が世界で9億人を超えたFacebookを活用しておりますので、掲載企業様間に限らず、世界中のFacebookユーザーに向けての情報発信(新商品の発表、イベント・キャンペーンの告知、求人情報など)も瞬時に一斉配信することが可能となっております。

『グッドマッチング』は自社・自店の様々な情報を、多くのFacebookユーザーに向けて低コストで効率良く発信できる『時代にフィットした新ツール』となっておりますので、自社・自店に適した方法でご活用いただければと考えております。

■『グッドマッチング』http://apps.facebook.com/goodmatching/

金環日食

  • 2012/05/21(月) 08:22:07

今朝は日本で金環日食が見れるというので、7時に出勤してカメラ片手にオフィスの窓から見ていました。

日本での金環日食が見れるのは1987年の沖縄以来25年ぶり。

本州では1883年10月31日に東北地方を中心に見られたもの以来129年ぶり。

大阪では282年ぶりとのことででした。

弊社のオフィスは10階ですので、天気さえ良ければカメラにバッチリ収めて当ブログに写真を掲載しようと思っていたのですが、あいにくの曇り空(泣)

それでも一瞬、雲の隙間から綺麗なリングが見えましたので、急いでカメラを向けたのですが再び雲の向こうに隠れてしまいました・・・残念・・・

周辺のオフィスビルの屋上には、出勤した会社員の皆さんが写メを撮ろうと携帯を片手に空を見上げる姿。

結局、雲の隙間から一瞬見れたのが2、3回だけで、とてもカメラを向ける間もないほどの一瞬。。。

金環日食が一瞬見えた時、屋上の会社員の方々から『おおおーっ!』という歓声が聞こえました。

でも、6時半頃から少しずつ薄暗くなってきて、強めの風も吹いてきて神秘な雰囲気は味わうことができました。

『肉眼では直視しないように!』と盛んに報道されていましたが、大阪では専用のメガネも必要なかったですね。

今回の金環日食を楽しみに専用メガネを購入していた大阪の方は残念な思いをされたことだろうと思います。

大阪では282年ぶりとの事ですが、282年前の人は専用メガネがなかった時代でしょうし、どうやって見ていたのか気になりますね(笑)

このところ、地震や竜巻など自然災害ばかりでしたが、今回は宇宙からロマンチックな現象をプレゼントしてくれました。

一瞬でしたけど・・・(悔しい〜〜〜)

東電 実質国有化に伴う新人事

  • 2012/05/15(火) 07:53:21

東京電力が実質国有化されるに伴い、新たな経営体制を発表しましたね。

現東電の広瀬常務が新社長になり、他3人が取締役として残るそうですが注目すべきは取締役11人のうち7人を社外取締役として招くとのこと。

新人事については現段階で云々いう立場ではありませんが、この緊急事態を解決に向けて全力で取り組んでもらいたいものです。

何はともあれ、東北で被災された方々の生活を一日も早く取り戻すことを第一に考えた経営手腕を見せていただきたいものです。

今までにも、事故や問題を引き起こした企業が新人事・新体制を発表することはありましたが、その後の効果や成果については一般には殆ど報道されませんよね。

新体制にしてその後に企業の体質改善がされたのかどうか?という成果についても一般にわかるように報道してもらいたいものです。

ホテル火災

  • 2012/05/14(月) 09:07:48

広島県福山市のホテル火災のニュースが報道されています。

このホテルは観光ホテルでもなく、ビジネスホテルでもなく、ラブホテルでもないため、全てを総括してホテルプリンスという名称にして特に業態区分をしていないらしいです。

とは言っても風俗営業として登録されてあるので、事実上はいわゆるラブホテルとなるのでしょう。

弊社でもホテルや旅館のコンサルティング業務を数件依頼されたことがありますが、ラブホテルには前記した風俗営業で登録されている所と、旅館業法で登録されている所の2通りがあります。

ただ、今年1月より風営法第二条第六項第四号の政令が改定され、旅館業法のままでのラブホテル営業は継続が非常に厳しい状況となる政令に強化されました。

もちろん消防法も昔に比べて厳しくはなってはいるものの、今回のケースのように建築時は当時の基準に適合していたため、強制的に改善させることはできないという問題も浮き彫りになりました。

そんな中での今回の広島でのホテル火災のニュース。

風営法第二条第六項第四号法にしても、消防法にしてもホテルオーナーの考え方次第で抜け道はあるのが現実です。

我々がコンサルティングを依頼され、多角的に分析する中で"現実にそぐわない法律や条例に出会います。

法律を厳しくすることで利権を確保したいだけではないのか?と感じることも多いです。

たしかに改定された法案の中身は理想的ではあるが、それが現実にそぐわないという理由は2つあります。

改定法の施行までの機関(準備期間)が短か過ぎるため、法に従うための改装改築など資金的な問題、利用者や従業員の認識・意識改革が追いつかない。

改定法に100%従うと売り上げ低下に繋がる要素がある。

法改定後の行政の確認・指導が徹底されていない。取り締まりが曖昧である。

上記のようなことから、『わかってはいるが、すぐには対応できない。』というのが現実で、そうこうしているうちに月日が経過し『今さら・・・』となっていき結局ウヤムヤに放置されているのです。

政府は法律を改定強化するだけで目的を達成したと安堵するのではなく、それをいかに周知徹底させ理想に近づけていくのかを考えるべきではないでしょうか?

その為には、学者や大学教授など一般に識者と呼ばれる人材だけの意見を参考とするのではなく、実際にその業界で経営するオーナーの意見や利用者の意見も重要視しないと現実的な法改定にはならないと思います。

今回のホテル火災だけではなく、医療現場や公共交通機関など『命』を預かる業界の法律を再度見直し、現実的に機能する法律にして頂きたいものです。