ルイ・ヴィトンと播州織

  • 2012/06/05(火) 09:08:47

フランスの有名ブランド、「ルイヴィトン」の商品の生地を担当しているSilvie Meron氏をはじめ、西オーストラリア州のファッション関係者が昨日6/4〜6/6までの3日間の予定で、兵庫県の伝統織物「播州織」の工場見学のため来日されましたね。

訪れたのは兵庫県西脇市にある「播州織」で、今回は『生地がどのように作られるのか』直接見ようということで、色を染める作業や織り込む様子を見て回ったそうです。

「播州織」は以前からヨーロッパやアメリカをはじめ中東などにも輸出され、主にシャツなどに使われていたのですが、ここ数年は中国の安価なものが台頭し、日本の「播州織」工場は減少しています。

私の知人に、京都で「西陣織」の職人をしていたご老人がいるのですが、その方の話によると「西陣織」そのものの需要が減少する中で京都府が"西陣織工業組合"に助成していた助成金も減らされ、やむなく廃業したとのことでした。

お寺や寺院などは重要文化財ということで保護・保存されるのですから、こういった日本の伝統工芸を守るという重要性をもっと考えなければならないと思います。

そういった意味でも、今回の「播州織」の例のように「日本の伝統や技術」が世界のトップブランドにもっと評価され、上手くマッチングしていくことで、「日本の伝統や技術」が逆に日本の若者の"誇り"となって欲しいと思います。

日本には多くの製造業があり、その全ての業界には「日本の素晴らしい技術」が受け継がれてきました。
この「日本の素晴らしい技術」を絶やさないためにも、事業や技術を承継する若い人材を育てていかなくてはなりません。

そのためには、やはり需要の拡大、販路の維持・拡大がテーマとなる訳ですが、今回の「播州織」のように販路を海外に見出すのも1つでしょうし、国内に於いても"予想もしなかった新しい需要〜販路"が必ずあると思います。

企業マッチング・ツール 『グッドマッチング』を発表

  • 2012/05/31(木) 09:26:21

■グッドマッチング■

この度、弊社ではFacebookを活用したビジネスマッチング・サイト『グッドマッチング』を公開いたしました。

各企業様は管理運営する自社のFacebookページを集約したポータルサイトとして、検索機能はもちろん各種業界別にカテゴリ分類し紹介させて頂いておりますので、一般Facebookユーザーに向けて自社・自店のFacebookページへの訪問を促すことが可能となっております。

また、掲載企業様同士の横の繋がりとして、"掲載企業間交流ページ"も設置しておりますので、企業様間での情報交換、業務・技術提携、販路の拡大、新規取引先開発など"新しいビジネスツール"として有意義な活用をしていただけます。

ユーザー数が世界で9億人を超えたFacebookを活用しておりますので、掲載企業様間に限らず、世界中のFacebookユーザーに向けての情報発信(新商品の発表、イベント・キャンペーンの告知、求人情報など)も瞬時に一斉配信することが可能となっております。

『グッドマッチング』は自社・自店の様々な情報を、多くのFacebookユーザーに向けて低コストで効率良く発信できる『時代にフィットした新ツール』となっておりますので、自社・自店に適した方法でご活用いただければと考えております。

■『グッドマッチング』http://apps.facebook.com/goodmatching/

外国人介護福祉士

  • 2012/05/08(火) 08:19:13

昨日の報道によると、EPA(経済連携協定)に基づき介護福祉士の資格を取得し、日本で介護福祉士として働いてもらうことを期待されていた外国人介護福祉士が自国へ帰国する傾向にあるそうです。

外国人介護福祉士については、各施設が期待して人件費の負担や受験を支援したりしてきましたが、3年間の研修を終え国家試験も合格した36人のインドネシア人のうち3人が既に帰国し、4人が近々帰国する予定にあるそうです。

また、不合格だった受験者59人のうち試験の成績が一定以上だった47人についても、滞在期間を1年延長し来年の再受験が認められたにも関わらず23人が既に帰国したり、帰国を検討中とのことでした。

日本で介護福祉士として働けば自国の10倍以上の収入が得られるとは言いますが、外国人介護福祉士本人は日本での生活があるわけですから、なかなか自国へ送金する余裕まではないと思います。

また、言葉の壁や過酷な労働条件についても見直し、外国人介護福祉士が働きやすい環境を構築する必要もあると思います。

介護される側からしても、言葉の壁、教育や生活習慣などの観点からも出来ることなら日本で生まれ育った人材をと感じているのではないでしょうか?

今後ますます進む高齢化社会において、子育て支援も重要な課題ではありますが、優先順位的には介護福祉士の賃金をはじめ労働条件を見直し、子供手当てなどよりも介護関連に税金を手厚く投入するような政策を期待したいです。

この際、全ての介護福祉士を地方公務員化するのも1つの手法ではないのかと考えます。